津幡町国民健康保険直営 河北中央病院 病院理念と方針

病院理念と方針

ミッション(存在意義、使命)

「地域に密着した医療を提供し、安心して暮らせるまちづくりに貢献します。」

ビジョン(めざすべき将来像)

  • 地域の健康長寿社会を実現します。
  • 医療・介護・福祉・保健の分野で密接な連携を構築します。
  • 公立病院として公益性をもった医療を提供します。
  • 地域の超高齢社会を支えます。
  • 質の高い地域医療、安全安心の医療を提供します。
  • 住民から親しまれ、選ばれる病院をめざします。
  • 職員が誇りとやりがいを持って働ける病院であり続けます。
  • 地域を支える優れた医療人を育成します。

バリュー(職員が共有する価値観、行動指針)

[公立病院としての責務]

  • 利益ではなく公益性を追求します。

[密接な地域連携]

  • 地域の医療・介護・福祉・保健の分野で密接に連携します。

[直接的な住民との関わり]

  • 疾病の知識と予防の啓発活動をします。
  • 住民と顔の見える関係を築きます。

[深い思いやり]

  • 家族に接するような深い思いやりを持って患者さんに接します。
  • 患者さんの権利を尊重します。

[安全で質の高い医療の追求]

  • 質の高い医療を提供するため、努力し続けます。
  • 医療の安全を最大限に配慮します。

[継続的な改善努力]

  • 常に創意工夫、情報収集に努め、改善し続けます。

[最高のチーム力とスキルアップ]

  • 多職種による最高のチーム力で取り組みます。
  • 職員一人一人がスキルアップに努めます。
  • 優れた人材育成のため、職員を教育します。

[医療の発展への貢献]

  • 臨床研究・臨床試験に取り組みます。
  • 積極的に学術活動を行います。