津幡町国民健康保険直営 河北中央病院 医療サービス室

医療サービス室

  河北中央病院の医療サービス室は「理念・行動指針」を基に医師、事務、ソーシャルワーカー、看護師が協働し、患者さま・ご家族さまをはじめとする、地域の医療機関や様々な福祉・介護サービス機関からの窓口として、日々スムーズな連携が図れるよう努めています

理念

   地域連携・医療相談を通じて、患者さまが地域で安心して生活できるよう支援します。

行動指針

   1.地域の医療機関・介護福祉施設・行政機関とのパイプ役を担います(パイプ役) 
 2.患者さまが円滑に入退院できるよう支援します。(入退院支援)
 3.患者さまとご家族の医療介護に関する悩みを解決するお手伝いします。(相談業務

   4.当院の診療機能が地域に役立つよう、広報活動を行います(広報活動)
 5.病床が有効利用されるよう入院状況の把握・調整・相談を行います。(病床の有効活用)


   病気になると健康な時にはなかったような様々な問題や心配事が起こってきます。
たとえば、突然の病気やケガで入院した方(特に高齢な方)は、身体機能の低下から日常生活に不便な状況が残る、また医療的な処置も必要な状態となってしまうことがあります。当院ではそのような時、患者さまやご家族さまのお力になれるように相談をお受けしております。入院早期から患者さま・ご家族さまが描く退院後のの療養生活を聞きながら、福祉、介護に関することは医療ソーシャルワーカー、医療・看護、介護に関することは看護師が相談を担当いたします。また、医療チーム(主治医、薬剤師、病棟スタッフ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、検査技師)と協働し、当院から、医療や看護、介護も途切れることなくつなぎ、住み慣れた地域で患者さま・ご家族さまが安心して暮らせるよう支援いたします。