津幡町国民健康保険直営 河北中央病院 薬剤部

薬剤部

 当院薬剤部では、医薬品の適正使用と管理に努めています。また、医薬分業が進んでいることから、入院患者のケアを中心に、チーム医療における薬剤師の役割を果たします。

理 念

患者様の信頼に応え、薬剤師職能を全うします。

ビジョン             

  • 調剤をはじめ、医薬品の供給を行い、患者等に十分な説明をします。
  • 高い知識と技術の水準を維持するように積極的に研鑽し、後進の育成にも努めます。
  • 他の医療スタッフとのコミュニケーションに努めます。
  • 常に医薬品の品質、有効性及び安全性の確保に努めます。
  • 地域の医療スタッフと協力して地域社会に貢献します。
  • チーム医療に参画します。

薬剤部の主な業務紹介

  • ①調剤・製剤業務
    • 医師の処方箋に従って調剤を行いますが、常に服用量や飲み合わせなど処方内容の確認を行い、患者様が服用し易いように一人一人に合った方法で調剤を行っています。また、一部の院内製剤調製も行っています。
  • ②注射調剤
    • 医師の注射箋に従って注射調剤を行いますが、投与量や投与経路、他剤との配合変化などの確認を行っています。また、患者様ごとの個人別セットを行い、病棟に払い出しています。
  • ③病棟業務・薬剤管理指導業務
    • 病棟担当薬剤師は内服薬、注射薬などが適正に使用されているか確認しています。医師への処方支援や医薬品情報提供も行っています。また、持参されたお薬や服薬状況などを確認し薬物療法への支援も行っています。
      患者さまへの指導では、ベットサイドにて薬の効能・効果・用法・用量や副作用に関して説明を行い、不安なく安心して薬物療法を受けられるように努めています。
      病棟では医師、看護師、多職種スタッフからのお薬相談、医薬品情報提供など積極的に連携を図っています。
  • ④医薬品情報の提供
    • 数多くの医薬品情報を収集・管理し、医師・看護師など、スタッフからの問い合わせに対応し、治療の現場をサポートしています。
  • ⑤医薬品管理
    • 医薬品の購入と管理、各部署への供給を行っています。また、医薬品の品質管理(温度・湿度・光など)に注意を払っています。麻薬や向精神薬などは「麻薬・向精神薬取締法」に基づき、特に厳重に管理しています。
  • ⑥医療チームへの参加
    • 医療チームの一員として、カンファレンスや回診などに参加し、適切な薬物療法を受けていただけるようにサポートします。
      主なチーム
       ・栄養サポートチーム
       ・褥瘡対策チーム
       ・認知症チーム
       ・緩和チーム
       ・糖尿病チーム
       ・骨粗鬆症チーム
       ・禁煙チーム
  • ⑦その他の業務
    • 糖尿病教室や薬学生の実務実習などにも取り組んでいます。