津幡町国民健康保険直営 河北中央病院 栄養部

栄養部

栄養部のご案内

 栄養部では、入院患者様に、喜んでいただける食事をつくることを目標にしています。また、入院中や外来の患者様を食事の面からサポートするために管理栄養士による栄養指導を行っています。

理 念

患者様の立場に立ち、安全で適切な栄養管理を行ないます。

方 針

  • 病状に応じた安全で適切な食事を提供します。
  • 患者様の食生活に配慮し、実践可能な栄養相談を行ないます。
  • チーム医療に参画します。
  • 地域医療へ貢献します。

入院中の食事のご案内

食事内容

 患者様のお食事は、医師の指示により病状に合わせて患者様の食べやすい状態で提供します。病気によっては食品の選び方や分量、料理の方法などが異なるほか、食べやすくするために食形態を工夫したり、栄養補助食品を検討したりなど、きめ細かな対応を心がけています。

食事時間

 朝食 7:30、昼食 12:00、夕食 18:00


              

選択メニュー

 普通食(常菜、軟菜)、一部の特別食を召し上がっている患者様を対象に、火・木の週2日選択メニューを行っています。対象の方にはメニュー表をお配りし、朝食と昼食にAまたはBのお食事のどちらかをお選びいただいています。

行事食について

 月に1~2回、季節の変化にあわせた行事食をお出ししています。また、麺類や変わりご飯を定期的に取り入れバラエティーあふれるメニュー展開に努めています。


              

栄養相談

 医師から依頼のあった患者様に対して、食事療法についてお話いたします。個別指導では、それぞれの病気に即した食事療法について、具体的にお話いたします。また、糖尿病教室など集団指導も行っております。ご家族が一緒に受けることも可能で、ご家庭で実際にお食事を作られる方には是非一緒に聞いていただきたいと考えております。

相談日時

 
8:30~11:30 △*
13:30~16:00

※主治医を通して予約をお願いいたします。
※第2・4土曜日は実施しております。

スタッフ紹介

栄養部スタッフ

管理栄養士
山原 和子