津幡町国民健康保険直営 河北中央病院 医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理室のご紹介

 当院では、患者様に安全で安心な医療を提供することを目的に、平成28年4月より医療安全管理対策室を設置しました。医療安全管理指針に基づき患者様の安全を最優先に考え、全職員が安全な医療を提供できるよう取り組んでいます。

業務内容のご案内

  • ①ヒヤリハット報告の調査・分析・改善策の立案
    • 院内で発生したヒヤリハットの報告を受け一括管理をしています。事例の集計・分析によりヒヤリハットの傾向や問題点を把握し、改善策を立案し再発防止に努めています。
  • ②改善状況の調査
    • 立案した改善策がきちんと行われているか現場に出向いて検証します。また、病院内を巡回し、安全な医療が行われているか確認しています。
  • ③医療安全対策マニュアルの見直しと徹底
    • 患者様が安全・安心して医療を受けることができるよう業務の手順を統一したルールを示す「医療安全対策マニュアル」の作成と、見直しを行っています。
  • ④医療安全対策の推進
    • 定期的に「医療安全ニュース」を発行し、ヒヤリハット内容の分析や各種安全のための情報をお知らせしています。
  • ⑤医療安全のための職員研修の企画や開催
    • 全職員を対象に医療に関わる安全意識の向上や医療の質の向上を図る為、院内研修会を企画・開催しています。
  • ⑥医療行為に関するご相談や苦情等への対応
    • 患者様やご家族様から医療に関するご相談や苦情をお聴きし、状況確認の上対応いたします。信頼と満足が得られるように努めています。

★相談者が不在の場合には近くの職員へ申し出て下さい。

業務内容のご案内

  • 場所:管理棟 2階 本館 1階 受付会計室隣接 案内図参照
  • 時間:午前8:30~午後5:00、第2・4土曜日は午前8:30~正午まで

スタッフ紹介

医療安全管理室長
 表 和彦(副院長)
担当職員
萩村 淳子(看護師)